siphia-hamburgerMENU
この先のどんな環境でも、安心は自らの手で手に入れられる。50代からの女性の食と心と体の健やかさをサポートします。
ソフィア多治見ヨガ教室 稲垣千枝子

見るということ

私たちがモノを見るとき

隣にいる人も同じような景色を見ているのだろうと予想する

そして

「きれいだね~」

「おいしそうだね~」

という会話が成立するのだけど

本当に同じものを違わず見ているのか

それはわからない

 

脳研究者の池谷裕二さんによると・・・

目から入ってくる情報は、

大脳皮質の「第一次視覚野」に入る

そして

その情報は記憶とすり合わされて

「見る」

が成り立つ

 

細かく言うと

目の網膜でとらえた視覚情報は

デジタル信号として視神経を通じて脳の視覚野に送られる

これで「見る」が完了しそうだけど

この情報は意外と少なくて

目から直接入ってくる情報は

視覚野に入る全体の情報のうち

なんと

なんと

3%!!!以下!!

そのわずかな情報を手立てに

脳の内部で勝手に生み出された情報を処理して

見ている

網膜からの情報は少なく、経験に基づいて脳の内側から情報を補完することで

見える、が成立する

脳の記憶でバラだとわかる

色がわかる!

 

私たちは

見ているモノが

どこまでが網膜からの情報で

どこからが脳内記憶情報(思い込み)なのか区別がつかないそうなんです

見るって主観的な行為なんですね

 

視覚だけでなく

脳は外界情報とは無関係な脳の内部活動を行っていて

そこにエネルギーの90%を使っているみたい。

だいぶ無駄なはたらきが多いようなんです!!

通常脳は

おかしな情報を切り捨てて見ないものとしている、ってこともあえるようで

通常じゃなければ

幻覚が見えるってこともうなずける。

それは

網膜でなく

脳で見ているのですよね

いまだ謎に包まれている、幻覚に関する10の奇妙な事実 (2017年3月23日 ...

以上、この本からの池谷さんの話でした

脳はみんな病んでいる by [池谷裕二, 中村うさぎ]

ちなみに

私たちが受け取る感覚情報は

4000億シグナルもあるけど

そのうち脳での認知は

4シグナル!

脳は外部情報を極端に断捨離してます

惜しみなく、、、、。

 

何を言いたかったかというと

私たちの行為ふるまいは

感覚によって左右されるものですが

感覚というもは

非常に限定されているということです

感覚は

脳で生み出されるもの

記憶の為せるものともいえる!

痛いも記憶、聞くも記憶、触れるも、美味しいも・・・

感覚と向き合うということは

記憶と対話していくことでもある

記憶力4回連続日本一の池田義博さんに聞く、誰でも暗記が得意になる超 ...

今の感覚と向き合うというマインドフルネス=瞑想には

そんな一面もあるということです

 

 

 

 

 

ブログ一覧

お問い合わせ・ご相談

オンラインレッスンの予約やご相談がある場合は、下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ