siphia-hamburgerMENU
この先のどんな環境でも、安心は自らの手で手に入れられる。50代からの女性の食と心と体の健やかさをサポートします。
ソフィア多治見ヨガ教室 稲垣千枝子

身体のメモ力?

昨日この本を買いました

とても共感出来ました

この方、話術もたくみですが本もさらに面白い!

メモがなぜ役立つのか

メモにどういう意味があるのか

役立つメモのとりかたは?

メモを応用する力、転用する力があるとどんなことが起こってくるのか

こんなことが書かれています

実際この方はメモ力でビジネスをいくつも立ち上げ大成功しているのです・・・

ビジネスで成功したいという目的があるかはもちろん、そうでない方にも面白く読めます。

で、その魔力を試すべく

私も早速昨日のセミナーの内容をメモしてみました

ここに載せるつもりのない走り書きだったので読めないですが・・・

感じたのは

言語化の力は脳はもちろん心身に影響を与えるだろうな、ということ。

今日はセミナーで学んだことやなるほど!と思ったことを言語化しましたが

映画を観て、本を読んで、でもいい

なぜ感動したのか、それを言語化してみると自分の頭にそれが刻まれます

そしてそれを、自分に関わるどこでどんな風に応用すると心地よくなるだろうかと考えメモしておく

すると違う場所でのそれの再現が現実に近くなります。もしかしたら全然違う形でなのかもしれないけど。。。

身体の反応の言語化も同様だと思うのです。

昨日のブログお話した

身体の各所に注意を向ける、ということ

そのことで体の別の場所にどんな反応が起こったのかということを言葉に出来たら、よりよい結果が体に定着しやすくなる

例えば、

顎の使い方や首の骨のマッピングで声の出方がどんなふうに変わったとか

筋膜をよしよしと撫でたらその後の後屈がどこがどの程度楽になったとか

そういう変化を言葉に現してみる

変化を言語化出来るまでになったらそこで体に新たな神経回路が生まれます

「ああ、こういう使い方もあったんだね~」と。

「こうすれば呼吸は楽なんだ、腰が痛くなく後屈できるんだ」と。

そしたらそれはまた再現できます。

そして

もっともっと身体って変わってくるかも!疲れずに歩けるかも!

と期待も持てると思うのです。

まあ

ノートにメモする手間はないとしても

脳には言葉の記録が残っていくでしょう

何しろ魔力があるようですから。

毎回のレッスンでは体のこのメモ力をためしていくとしましょう!

 

ブログ一覧

お問い合わせ・ご相談

オンラインレッスンの予約やご相談がある場合は、下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ