siphia-hamburgerMENU
この先のどんな環境でも、安心は自らの手で手に入れられる。50代からの女性の食と心と体の健やかさをサポートします。
ソフィア多治見ヨガ教室 稲垣千枝子

A-yogaでしていること

明後日はA-yogaの学びの日!

いつもは京都での2日間の勉強会。

でも

今年は自宅で学びます。

年に一度の恒例の合宿学習は

今年はオンラインでの開催になりました。

新しい学びの形!

オンラインの欠点は

リアルな情報量が少ないこと。

画面は平面なので、目に入る情報が制限されるし

触覚も希薄になる

ペアワークみたいなこともできないので・・・

なのでその分

想像力を駆使して使いこなせる感覚を総動員して臨みます~

今日はA-yoga関連の過去の合宿や、セミナーの資料をかき集めて復習しています

見るたびに

新しいヒントが浮かんできます

前回は6月の看護学校でのヨガ講座の時に引っ張り出して見直しました

それ以来、かな~

ことあるごとに頼りにしているので結構ボロついてますっ

皆さんにもお伝えしたいことは運動機能向上のための3つのポイントです

運動機能をつかさどる3つの器官

①視覚

②前庭器官

③深部感覚

深部感覚とは・・・位置覚、運動覚、抵抗覚、重量覚により、体の各部分の位置、運動状態、体に加わる抵抗、重量を感知する感覚→永続的に脳の中で体の3D映像がキャッチされている

この3つが協調して働いている状態

どれも先行せず、退行せず仲良く仕事している時に動作は向上します

⓵目

⓶バランス機能

⓷筋肉や関節にある、情報をキャッチする感覚

です

いつもレッスンではこの3点に注意を向けながら動いています

いつもは無意識にスルーしてしまうような感覚に

あえて注意を向けるのです

動作が早くなるとその注意がどう変わるか

今週はスピーディーな動きもしてきました

腰割の姿勢からジャンプしたり、スクワットしたり

足裏をイロイロに変化させながら。。。

素早く動くときも

目の使い方を変えたり

足の指の深部感覚を観察できると、

その方が楽に、そしてダイナミックに動けます

お得です

 

この深部感覚への注目

私たちはこれを何度も何度も頭にたたき込まれてきました

新しい動きも

すべてこの感覚に注目するためのものです

この感覚は

今、私がここにいる、という実感をもたらすもの。

レッスンの中で

「あ、何かが変わった」

という瞬間がある

それをもたらす感覚です。

ここを何度も何度も観ていくのがヨガです~。

 

さて

学びの成果はまたお伝えします!

お楽しみに。

 

 

ブログ一覧

お問い合わせ・ご相談

オンラインレッスンの予約やご相談がある場合は、下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ