siphia-hamburgerMENU
この先のどんな環境でも、安心は自らの手で手に入れられる。50代からの女性の食と心と体の健やかさをサポートします。
ソフィア多治見ヨガ教室 稲垣千枝子

発酵に学ぶ!

この本

発酵のいろはがよくわかる本です

イラストいっぱい

見やすいレイアウト

カテゴリー分けも的確で

発酵初心者のテキストにうってつけです!

この本を読んでまたまた発酵の世界に興味がわいちゃいました

今回は特に

日本酒

その材料、製造過程、種類を知り

日本酒飲みたい!!

と、思いました。

材料は少なく主に3つ

蒸し米、麹、水

そして酵母菌や乳酸菌

材料がシンプルな分、蔵ごとに様々な工夫や技術があるそうです

麹菌が米のデンプンを糖に変えて

それを乳酸菌が食べることで乳酸を出し

それが雑菌を退治する

そしや酵母菌が糖を食べることでアルコールと炭酸ガスが発生する

この過程で出来るのが酒母

酒母にさらに3大材料(蒸米、水、麹)を少しづつ追加していく

⓵酵母と

②カビ(麹)

③細菌(乳酸菌)

の発酵微生物「御三家」これらの働きで日本酒は出来上がる!!

素晴らしきかなこの発見

日本酒の飲み比べというものを

いつかやってみたい

と思いました!

そして

みりん

材料3つだけど

日本酒とは少し違って

米麹、蒸したもち米、そして水ではなく焼酎を使う

アルコール発酵を抑制するために水ではなくアルコールを使うのです

これも

なるほど!でした

そして

材料はお酒と近くて

米麹、蒸米、水

そしてここ入るのが

酢酸菌!

酢酸発酵させることであの酸っぱさが生まれるそうです

味噌に至っては家庭でジプロックで出来る作り方が載ってました

これもやりたいなあ

味噌汁好き、味噌好き、味噌を道の駅で買うのも好き、な私です。

味噌汁は

材料を選ばないですよね

今日の昼ごはんはご飯と味噌汁でした

発酵食品は日本の場合

麹菌、乳酸菌、酵母菌、酢酸菌、納豆菌などが代表的だけど

特に

麹菌

が代表格

日本の気候にその生育が適しているのですね。

この本でも自分の目が行くのはチーズやヨーグルトやワインの発酵過程より

麹菌の働きで出来上がる食品群

麹菌米、もち米、大豆、麦あと

こんなシンプルな材料を主なもとにして

日本酒、焼酎、みりん、酢、味噌、醤油

は出来上がる

調味料やお酒に納得いけたら

料理も食事も楽しくなりそう~

 

 

 

 

 

 

ブログ一覧

お問い合わせ・ご相談

オンラインレッスンの予約やご相談がある場合は、下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ