siphia-hamburgerMENU
この先のどんな環境でも、安心は自らの手で手に入れられる。50代からの女性の食と心と体の健やかさをサポートします。
ソフィア多治見ヨガ教室 稲垣千枝子

那智大社から大雲取越え

今日のコースは

今回1番キツイと思われるコース

大雲取越え

という古道では最難度のところ。

今日は列車とバスで移動

大門坂という那智大社へ向かう石の階段を上りました

普通のコンクリートの階段も登って最高位に鎮座していました

そして

滝へ

滝は近くで見るのがいいです!

という昨夜のMさんの言われた意味がよくわかりました

往復1キロかかるから

教えてもらわなかったら古道へ直行してました

那智黒ソフトクリーム

朝から食べました

これはススメられてませんが😅

那智大社をみて、古道へは一時間後に入りました

登る途中に難コースだから気をつけて、とかかれていました

石畳をひたすら登り、船見峠で見えた熊野灘に感動しました

その後も登りでしたが石畳の道は快適

吹き抜ける風は清々しく

気持ちいい

林道を抜けたら

今度は苔の道

途中の沢で足冷やし🦶1回

この苔に

あとで泣かされることになるのです

 

再び出会った沢でお昼休憩

昨日のうちにパン屋さんで調達したパンとサラダチキンとチーズ

宿でもらった茹で卵、です

沢の水は冷たくて気持ちよく

歩く気無くなるとこでした(笑)

しばらく行くと

迂回を示されました。予定より40分オーバーするって

ガーン

迂回路は面白くないのです

表示も無く40分。

人ひとりいないので不安になります

合流点に着くとホッとしました。

ここから峠越えの上りが始まり

やっと着いた峠

峠は

とても静か

鳥のさえずりも小さく

沢の音もない

静かな静かな空間に

ただ

座ってました

それは

これから始まる最後の難関への準備でもありました

それは

下り地獄

標高差800メートルを一気に下るのです

2時間弱

しかもそれは

ゴロゴロした石や

苔むして滑りやすい石との格闘

そして

迫り来るアブを追払いながらの下りだったのです

昔の人は

どんな履き物で凌いだのかなぁ

 

そして到着したのは

小口自然の家

廃校になった小学校を改築した宿泊施設

ここが

今日の大雲取と、

明日行く予定の子雲取との合間にあるのです

大雲取越え、小雲取越えは

那智大社と、熊野本宮大社を結ぶルートなんです

こんな広い建物に

宿泊者、私1人きり❗️

今日は早寝します〜

 

 

 

ブログ一覧

お問い合わせ・ご相談

オンラインレッスンの予約やご相談がある場合は、下記のフォームよりお気軽にお問い合わせください!

お問い合わせ